ホーム » ハリス&ハリス 「ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャRISC-V版(株式会社エスアイビーアクセス)」翻訳版のページ

ハリス&ハリス 「ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャRISC-V版(株式会社エスアイビーアクセス)」翻訳版のページ

原著の表紙
MIPSを題材に第1版と第2版を執筆してきたHarris&HarrisがARM版に続いて題材をRISC-Vに切り替えたのがこの版です。RISC-Vを題材に取ったコンピュータアーキテクチャのテキストとしては、へネパタに次いでSiBアクセスからの2冊目となります。ヘネパタに比べてディジタル設計者やコンピュータの初学者にとってわかりやすく、System VerilogとVHDLのコードも付いており、実際的な内容です。本ページは、翻訳のミスやディスカッションのためのページです。


5件のコメント

  1. p.163 演習問題5.13、5.14に訳落ちがあります。すいません。
    演習問題5.13 図5.18(a)の32ビットALUを好きなHDLで設計せよ。トップレベルモジュールは動作記述でも構造記述でもよい。
    演習問題5.14 図5.18(b)の32ビットALUを好きなHDLで設計せよ。トップレベルモジュールは動作記述でも構造記述でもよい。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Language: