[[CoreGeneratorの使い方]]~
CoreGeneratorはXilinxのFPGAデバイスに搭載されている、各種エンベデッドデバイス(乗算器やメモリ等)を扱うモジュールを作成したり、またALUや加算器、バレルシフタなどLUTで作成できるIPコアを作成するためのソフトである。FPGAデバイス上の機能を使用する上で非常に重要である。

●起動方法、操作方法
CoreGeneratorは単体でも起動できるが、ISE上から起動することが望ましい。
-単体での起動方法 
 単体での起動方法は、Windowsの場合はプログラムから、Unixの場合は
 % coregen
 にて起動する。
-ISEからの起動方法、操作方法
 1.Sources in Projectウィンドウにて、FPGAデバイス名を選択する。
 2.右クリック→New Sourceでウィンドウを開き、
   IP(CoreGen & Architecture Wizard)を選択する。また、このとき
   作成するモジュールのファイル名と、保存場所も設定する。
 3.Select Core Typeでは作成したいモジュールを選択。
 4.CoreGeneratorが起動し、モジュールを作成するためのウィンドウが立ち上がる。
   設定を施し、Generateボタンを押すことで生成される。
   各種細かい部分については、ウィンドウ内のData Sheetボタンを押すと、
   PDFでモジュールと設定の詳細を見ることができる。
 5.生成したら、作成したモジュールがISEに自動で読み込まれる。
   CoreGeneratorのアイコン(電球のようなもの)がソースツリーの中にできればOK。
   もし、自動で読み込まれなければ、右クリック→Add Sourceで読み込む。
   このとき、作成したモジュール名の.vファイルや、.vhdファイルができていると
   思われるが、****.xcoとなっているファイルを読み込む。.xcoファイルは
   CoreGeneratorで吐いた各ファイルを統括しているファイルなので、このファイルを
   読み込むことで、ISE側からモジュールの操作が行いやすくなる。
 6.もし、作成したモジュールの内容を変更したい場合は、ソースツリー内でその
   モジュール(CoreGeneratorのアイコンで表されているはず)を選択する。
   モジュールを選択すると、Proceses for Sourceウィンドウが変化し、
   Manage CoresやRegenerate Coreなどが行えるようになる。Manage Coresを
  選択、右クリック→Runとすることで、モジュールの内容の変更を行える。

●CoreGeneratorで作成したモジュールを使う際の注意点
-CoreGeneratorの吐く****.v,****.vhdファイルはシミュレーション用
 CoreGeneratorの吐く****.v,****.vhdファイルはシミュレーション用で、論理合成に
 使用することはできない。ISEでの論理合成には、CoreGeneratorの吐く****.ednファイル
 が自動で使用される。
 なお、CoreGeneratorで吐いたモジュールをシミュレーションで使用する際には、
 Xilinx社が用意しているシミュレーション用のソースもincludeしないといけないので
 注意すること。詳しくは↓
[[Xilinx向けシミュレーション]]

-CoreGeneratorで吐いたモジュールを使用した場合にはWarningが出る。
 CoreGeneratorで吐いたモジュールを使用した場合、論理合成時にWarningがでるが、
 これは無視してもよい。例えば、
  WARNING:Xst:878 - dmem4x4k.v line 140: Unrecognized directive. Ignoring.
 など。

counter(all);
&counter(all);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS