Amano Lab.

授業topに戻る

コンピュータアーキテクチャA

[ 2015 |そのほか ]

2020年度

コロナウィルスの影響により、2020年度の授業はWebExでスタートします。

  • 詳細は、 学生向け公開ページでご覧ください。
  • レポート提出先は、hunga4125-at-gmail.com, 件名に演習番号、学籍番号、名前を付けること。5/5以降はkeio.jpに提出のこと。

  • 4/21 並列コンピュータとは? 解説 解説の図
  • 4/28 集中メモリ型 並列コンピュータ 解説 解説の図
  • 5/5 同期と並列プログラム 演習資料 解説 解説の図
  • すいません。どうしてもNaNが出る場合、open20.tarを再ロードして実行してください。今度は収束判定を入れたので大丈夫だと思います。
  • ITCマシンの割当
  • 5/12 分散メモリ型 並列コンピュータ 解説 解説の図
  • 5/19 クラスタとメッセージパッシング 演習資料 解説 解説の図
  • GPU演習のアカウントのメールを受領していない人は、hunga-at-am.ics.keio.ac.jpまでメールをください。

  • 5/26 GPUとCUDA 演習資料

    2020年度の採点基準は、1,2,4回目の演習1点、3,5,6回目のプログラム5点、最終課題10点で以下のようにランクしました。15点以上 C, 20点以上 B、23点以上 A, 28点(満点) S

    OpenMPのpragmaの入れ方がおかしい人、MPIの配列を分けて送っている人、CUDAのプログラムがおかしい人は減点してあります。

    コンピュータアーキテクチャB

  • 合成用環境の使いかたPDF資料:Synthsystem.pdf
  • 2020年度

    授業資料はこのページ(Boxにも)に掲示し、授業課題の提出はkeio.jpから行います。ご注意ください。
  • ITCマシンの割当
  • 6/9 RISC-Vの命令セットアーキテクチャ 演習用資料
  • 6/16 RISC-Vの内部構造とVerilog記述
  • 6/23 論理合成とCPUの評価 演習用資料
  • 6/23以降の演習はsiriusのアカウントを必要とします。メールでまだ配布されていない方は、hunga-at-am.ics.keio.ac.jpまでお知らせください。

    配布したsiriusのアカウントは最後にbを付ける必要があります。ご注意ください。

  • CAD環境にトラブルが発生してご迷惑をお掛けしています。前回のbase.tar, multi.tarを更新しましたので再ロードしてお使いください。6月23日の演習は30日分と統合します。
  • 6/30 パイプライン処理その1 演習用資料
  • 7/7 パイプライン処理その2 演習用資料
  • すいません。pipe2にちょっとしたバグが居ました。wgetし直して合成して下さい。
  • 7/14 CPUの高速化手法
  • 2020年度設計コンテスト 解説 設計資料
  • コンテスト上位入賞者順位

    今回は、RISC-Vになって初めてのコンテストでgtkwaveが使えない等色々問題が あった中、皆様がんばってくれました。Pointはこちらで評価仕直しているので自分のと違う場合もあります。以下、8名はSを 差し上げます。

    名前 ポイント 方式
    八幡 悠二郎 君 0.224 遅延分岐、他
    上田 雄斗 君 0.230 Predict Not taken 他
    野澤 真伸 君 0.245 遅延分岐、他
    瀬貫 真菜 君 0.366 Critical Path改善
    北川 栞 君 0.402 Predict Not taken他
    小島 瑠斗 君 0.407 Predict Not taken他
    米倉 英攻 0.475 遅延分岐 他
    中林 拓也 君 0.486 Predict Not taken他

    2019年度

  • 2019年度設計コンテスト 解説 設計資料
  • 注意! スーパスカラ、VLIW用にcontest19.pdf, mipsess.tar, mipsevl.tarを更新しました。こちらを使ってコンテストをやる場合、ダウンロード仕直してください。

    注意!! 8月2日18時30分までに、受領メール、あるいは修正要求メールを受け取って いない方は、至急 再提出してください。

    コンテスト上位入賞者順位

    今回、あまり大胆にVerilogコードを改造したケースが少く、残念でした。 しかし、上位入賞者はさすがと思われる工夫が見られました。以下、10名はSを 差し上げます。

    名前 ポイント 方式
    石川 慎太郎 君 0.0757 VLIW
    多田 一輝 君 0.0832 スーパスカラ
    武元 憲将 君 0.129 スーパスカラ
    松尾 佳奈 君 0.132 スーパスカラ
    亀山 祐己 君 0.175 スーパスカラ
    佐藤 耕太 君 0.183 base
    天羽 晃太 君 0.188 スーパスカラ
    小松 弘佳 君 0.189 スーパスカラ
    空閑 康太 君 0.218 スーパスカラ
    菅田 美嶐 君 0.223 base
    稲垣 勇佑 君 0.228 base

    採点基準

    ここに掲載していない方は、 ポイントの逆数をスコアSとしてこれに演習の点の合計P(1問0.1点)を加算して、以下のようにしました。 S+Pが2.3以上: A, 1.8以上:B, それ以下はC です。多くの方がAとなっています。

  • 8月2日の18時までにレポート受領メールを受け取ってない方は、提出がないものと 扱われており、単位があげられません。すみやかに連絡ください。
  • 2018年度

    2018年コンテスト結果発表

    今回は、スーパースカラ版を基にして改良を加えた方式が高い性能を実現しました。 ただし、電力が増えるため、どこかで調整する必要はあります。杉浦君は、メモリを20並列で 使って16.48倍を実現しました。凄いのですが、残念ながらレギュレーション違反です。 ここに載った方々と杉浦君にはSを差し上げます。お見事でした。

    コンテスト上位入賞者順位

    名前 ポイント 方式
    吉田 一輝 君 5.03 スーパスカラ
    佐久間 拓哉 君 4.80 スーパスカラ
    井餘田 笙悟 君 4.19 スーパスカラ
    大竹 七勢 君 3.29 スーパスカラ
    伊藤 光平 君 3.02 スーパスカラ
    一戸 健司 君 2.56 VLIW
    高橋 海成 君 2.44 VLIW
    高橋 真彦 君 2.43 スーパスカラ
    西田 良輔 君 2.05 パイプライン
    中西 侑紀也 君 1.9 パイプライン

    採点基準

    ここに掲載していない方は、 スコアSに演習の点の合計P(1問0.1点)を加算して、以下のようにしました。 S+Pが2.1以上: A, 1.7以上:B, それ以下はC です。多くの方がAとなっています。

  • 8月4日の16時までにレポート受領メールを受け取ってない方は、提出がないものと 扱われており、単位があげられません。8/6 10:00までに連絡ください。
  • webmaster@am.ics.keio.ac.jp